【2012】【明星大学】【理科教育法4】合格レポート(1単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数527
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013年度、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    1.<理科の授業で生徒に【問題】を投げかけるときに大切にしなければいけないこと>について述べ
    よ。その際,必ずテキストで学んだことに触れながら論じること。  1 単位目 
    2.「実験とは何か?」について,テキストで学んだことをまとめ,自分の考えを述べなさい。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●1.<理科の授業で生徒に【問題】を投げかけるときに大切にしなければいけないこと>について述べ
    よ。その際,必ずテキストで学んだことに触れながら論じること。 
    ●2.「実験とは何か?」について,テキストで学んだことをまとめ,自分の考えを述べなさい。

    (1) 理科の授業で生徒に【問題】を投げかける時に、どのようなことを大切にしなければいけないだろうか。今回は、特に「予想の立てさせ方」、「予想のたずねかた」について考えてみたい。
     まず生徒に予想をたてさせる際に大切にしなければいけない事について考えたい。第一に、「予想なんだから間違ってもいいよ」、「テストじゃないよ」といった、緊張感や恐怖感を取り除いてあげる発言が必要である。誰でもはじめは間違いを恐れる傾向がある。「新しい問題なのだから、間違って当たり前」という気持ちを生徒に持ってもらう事が大事である。第二に、全員が自分で予想を選ぶまで待ってあげるという事が必要である。予想を立ててもらうことによって、自分の考えがよくわかり、他の考えにも興味がわき、実験もたのしみになる。その時、「選んでいない生徒はいるか!?」といった、威圧的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。