【2012】【明星大学】【地学概論1】合格レポート(2単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数565
ダウンロード数28
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013年度、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    1.約 2.5 億年前の生物大量絶滅事件のシナリオについてプルームテクトニクス理論を用いて論述
    せよ。
    2.地球誕生から 27 億年前までの地球の大気組成はどのような歴史を経て変化してきたかを3つの
    ステージに分け説明せよ。また、現在の地球大気と金星、火星大気組成の違いについても記述しな
    さい。
    2 単位目 
    3.地球に磁場が形成したことによって現代文明にとって欠かせない鉄資源が生み出された。地球
    磁場成立の過程(メカニズム)と鉄資源が生み出されるまでの一連のメカニズムについて論述せよ。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (1−1)
    2.5億年前、生物の大量絶滅という事件が起こった。今回は、本事件のシナリオを、プルームテクトニクス理論を用いて考えたい。
    生物の大量絶滅は、超巨大噴火を契機としていると言われている。超巨大噴火によって、

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。