【2012】【明星大学】【情報リテラシーa】合格レポート(2単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数678
ダウンロード数8
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2012年度のレポート課題と、2013、2014年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2013年度、2014年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    インターネット社会の光(良い点)と影(悪い点)について調べ、その影をなくすための解決策につい
    て述べよ。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    インターネット社会の光(良い点)と影(悪い点)について調べ、その影をなくすための解決策につい
    て述べよ。
    【参考文献】
    『キーワードで理解する最新情報リテラシー 第2版』 2010年度~
    監修:久野靖・辰巳丈夫・佐藤義弘(日経BPソフトプレス)
    現在、インターネット社会の発展により、私たちの生活は様々な面において便利になった。しかし、インターネットには、良い点もあれば、悪い点も存在する。良い点は多いに活用するべきだが、悪い点も認識し、その対策をどのようにしていったら良いかと考えてみたい。第一に、対人コミュニケーションツールとしての恩恵があげられる。電子メール、SNS、ブログ、YOUTUBEなどがあげられ、電話と異なり、相手の都合に合わせてコミュニケーションのやり取りを進める事ができる。第二に、キーワード一つで調べたい事柄を瞬時に検索する事ができる、巨大な情報収集ツールとしての恩恵があげられる。また、天気やニュース、地震や津波の情報など、リアルタイムな情報に関しても収集する事ができる。第三に、ネットショッピング、ネットオークションといった、インターネットによる通信販売の恩恵..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。