【2012】【明星大学】【中等教育相談の基礎と方法】合格レポート(2単位目)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,300
ダウンロード数64
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2014年度、2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2014年度、2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    学校内外のネットワーク支援を活かした教育相談の必要性と、その実現のための課題を述べよ。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    学校内外のネットワーク支援を活かした教育相談の必要性と、その実現のための課題を述べよ。
    【参考文献】
    ①『よくわかる教育相談』春日井敏之・伊藤美奈子(ミネルヴァ書房)
    ②『教師のための学校カウンセリング』小林正幸・橋本創一・松尾直博(有斐閣)
    ③『やさしく学べる心理療法の基礎』窪内節子・吉武光世(培風館)
    ④『生徒指導提要』文部科学省(教育図書株式会社)
    ⑤『新学習指導要領・生きる力』(中学校・高等学校)』文部科学省
    近年、教育相談に関しても学校内外のネットワーク支援を活かした教育相談の必要性が高まっている。今回は、その教育相談についての必要性及びその実現についての課題について考えてみたい。その一例としてスクールカウンセリングに焦点を当てて考察してみたい・
     近年は、学校では連携の重要性がさかんに言われており、教育相談に関しても例外ではない。その大きな理由の一つとして、学校という文化の特殊性があげられる。民間企業では、さまざまな部署の社員が頻繁に会議を開いて連携を図り、複数の企業が共同で一つのプロジェクトに取り組む。しかし、学校では、学級経営や教科指導に関して、互いの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。