【2012】【明星大学】【生徒進路指導論】合格レポート(2単位目)※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数884
ダウンロード数64
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2014年度、2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2014年度、2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    【課題】
    次の項目のどちらかを選択し、問題行動に対する生徒指導のあり方に言及しなさい。
    ①反社会的行動  ②非社会的行動

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【課題】
    次の項目のどちらかを選択し、問題行動に対する生徒指導のあり方に言及しなさい。
    ①反社会的行動 ②非社会的行動
    【参考文献】
    ①『生徒指導提要』(文科省、2011)
    ②『子どもの社会力』(1999)『子どもの社会力を育てる』(2010)どちらも門脇厚司著、岩波新書
    ③『学校って何だろう』(苅谷剛彦著、ちくま文庫 2005)
    ④生徒指導資料3集『規範意識をはぐくむ生徒指導体制』(国立教育政策研究所)
    【選択②】
    ② 現在、反社会的行動と言われている、生徒の問題行動が学校内外で起こっている。本行動に対する生徒指導のあり方はどのように考えていければよいだろうか?今回は、反社会的行動がどのようなものがあり、対する生徒指導について考えたい。
     反社会行動とは、家庭内暴力、校内暴力、いじめなど他人に迷惑や危害を及ぼす行為をいう。具体例を下記にあげたい。
    第一に、暴力行為があげられる。本行動を起こす子ども達の傾向として、孤独で対人的技能に欠け、ひきこもり傾向が強く、現実での挫折を直視できずに自己愛や自尊心を過剰に肥大化させている。自己存在感あるいは現実感の希薄さと自我同一性の危..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。