【2012】【明星大学】【教育の制度と経営】合格レポート(2単位目) ※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,397
ダウンロード数58
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2014年度、2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2014年度、2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    【課題】
    1.学校経営もしくは学級経営についての近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。
    2.家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ。

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (2012年課題2)
    1. 学校経営もしくは学級経営について近年の動向のうち、関心のある課題の要点をまとめ、見解をのべよ
    2. 家庭教育と地域教育力の現状と問題点について考察せよ
    学級経営は、学校経営の基本的方針のもとに、教師が学級を単位をとして、一定の教育理念に基づいて展開する、組織的で計画的な実践の総体を指している。広義には、学級における教師の活動を経営活動を教育活動に分けず、学級を単位とする教育活動や学級担任としての職務のすべてを学級経営とみる立場があり、いわゆる「学級づくり」として表現される。限定的な捉え方としては、学級経営を教師の教育指導の効果を上げるための条件整備と捉え、そこに教師の指導活動を含めないとする立場がある。
    今日の学級経営をめぐる課題の1つに、特別支援教育がある。彼らが学級の一員として受け入れられるように、多元的な学級文化の創造を図る学級経営が求められている。学級経営においては、個性や「よさ」を互いに認め合い、クラスを構成する子どもたちを包み込む懐の深い学級環境を形成する事が求められる。
    学級経営の主な内容としては、①子どもおよび学級集団構造の理解、②学級..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。