【2012】【明星大学】【教育の制度と経営】合格レポート(1単位目) ※2015年度も同一課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,134
ダウンロード数74
履歴確認
更新前ファイル(1件)

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度の明星大学 教育学部 通信教育課程における、レポート課題の合格レポートです。特に指摘もなく、高評価で1回目で「合格」の評価をいただきました。皆様のお役に立てれば幸いです。

    ※ 2014年度、2013年度のレポート課題と、2012年度のレポート課題は、本科目に関しては、まったく同じ課題です。2014年度、2013年度のレポート課題に取り組んでいる方も安心してダウンロードください。

    また、本科目の科目終了試験の過去問と回答例も別データで販売しております。科目終了試験を受ける方、レポートに一工夫を加えたい方は参考にしていただければ幸いです。

    【課題】
    1.日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ。 
    2.各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ

    ● 【過去問】と【合格レポート】 まとめブログ : http://ameblo.jp/meiseitarou/

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    (2012年課題1)
    1. 日本における最近の教育改革の動向と教育制度について、関心のある課題の要点をまとめ、見解を述べよ
    2. 各国の教育制度の中から一つ取り上げ、公教育制度の発展について教育行政と関連して論述せよ
    1872年に「学制」が発布されてから、今日に至るまで、日本では時代に応じた教育改革が行われ、教育制度も変化してきた。特に戦後の教育改革及び教育制度の施行はどのように行われてきたのでろうか?
    敗戦後、第一次米国教育使節団による報告書に基づき、1947年、教育基本法、学校教育法が公布された。単線型の学校教育制度が採用され、小・中学校の9年間が義務教育となり、「男女共学制」「学区制」「統合制」を原則とする新制高等学校が開かれた。
    占領期の頃の学校は比較的活気ある雰囲気であったが、1956年に成立された「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」をきっかけに、教育の国家統制が急速に進行していく。学校環境にも、いじめ問題、生徒の不登校、受験の激化、体罰などのさまざまな教育問題が見られるようになっていく。
    1984年、社会の変化と文化の発展に対応するという教育を実現するという目的で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。