Z1118、教育相談の研究(中・高) A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数286
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1118、教育相談の研究(中・高)のレポートです。
    A評価で合格しています。
    レポート作成の一助にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    近年においても、いじめを苦に自殺をする生徒が後を絶たない。これからは、教育相談係の教師だけでなく、全ての教師に学校カウンセリングの実施が求められる。そこで本論では学校における各指導と学校カウンセリングの関連について述べる。
    一般カウンセリングと学校カウンセリング
     本章では、そもそも一般カウンセリングと学校カウンセリングの違いは何なのかについて述べる。
     カウンセリングとは、その悩みを聴き、対応方法を考え、結果として悩みを解消するように働きかけることである。カウンセリングは、二つに分類できる。一つに治療的カウンセリング、二つに発達援助的カウンセリングである。治療的カウンセリングというのは、カウンセラーがカウンセリングの専門的な知識・技術を用いて、クライアントの症状・病気を治療する。治療的カウンセリングにおいて対象は、神経症のクライアントである。この神経症の治療には、精神分析的カウンセリングが用いられる。しかし、精神分析的カウンセリングは、主に成長・発達の見込まれな..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。