Z1104、教育社会学1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数486
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1104、教育社会学1のレポートです。
    A評価で合格しています。
    レポート作成の一助にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて、学力の視点から述べてください。
    学歴社会の定義・歴史
     本論の最終的な目的は上述した通り、学力の視点から高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかであるが、これに触れる前に本章では学歴社会定義と歴史を明らかにしたい。
     学歴社会とは、単に高学歴者が多い「高学歴社会」とは異なり、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。さらに、ただ単に教育を重視するという意味以上のものが学歴社会のなかの教育にはある
     日本における学歴社会の成立は次の通りである。明治時代以前の身分社会制度では、封建制度の下の父の見分が子どもの進路・職業を決定した。しかし、この様な身分階級に縛られた形での教育・職業が決定されるシステムは、幅広い分野で相当数のリーダーを必要とする明治維新期には適さない。したがって、より効率的な人材養成・登用のシステムが必要である。そこで、最適な手段として、学歴社会・主義が採用された。学校という場でのパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。