Z1102、教育原論1 A評価

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数325
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    Z1102、教育原論1のレポートです。
    A評価で合格しています。
    レポート作成の一助にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ハヴィーガストの発達課題について
    第1節 発達課題とは
     ハヴィーガストによると、個人の生涯にはその折々、発達に応じた課題が生じ、その課題を達成すれば個人は幸福になり、その後の課題についても困難を示さないが、失敗すれば個人は不幸となり、その後の課題についても達成が困難になる。
     また発達課題の概念が教育者にとって有用な理由には、以下の2つの理由があると述べている。「その一つは学校における教育目標を発見し設定することを助ける点にある。(中略)その二は、教育的努力をはらうべき時期を示す点にある。」
     本論の目的は、教育者にとって有用なハーヴィーの発達課題について、年齢段階別に明らかにすることである。年齢段階ごとの個別の発達課題は、表1にまとめた。
    第2節 幼児期の発達課題
     幼児期の発達課題の中でも③話すことの学習と、④排泄の仕方を学ぶことは、課題の性質、心理学的基礎、文化的基礎、教育との関連に分けて分析されている。本論では紙幅の関係上、効果的な教育を行う上で重要であると考えられる心理学的基礎についてのみ述べることとする。
    ③話すことの学習の心理的基礎として、「(1)幼児は学ばなくても言語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。