M6706、R0719、人権(同和)教育、科目最終試験6題セット

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数648
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    M6706、R0719、人権(同和)教育の科目最終試験6題セットです。
    教科書の内容を、試験用紙の8割程度に収まるようまとめてあります。
    試験勉強の一助としていただければ、幸いです。

    参考文献:後藤直ほか編『同和教育実践:新たな人権教育の創造』佛教大学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    M6706、人権(同和)教育
    学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
    ②人権教育と同和教育の関連について述べよ。
    ③人権教育の定義(人権教育のための国連10年)を100字以内でまとめ、これを踏まえた人権(同和)教育のあり方について論じること。
    ④部落問題解決に向けた近代以降(戦後を中心に)における同和行政(教育以外の取組を中心に)の取組について論じること。
    ⑤宣言・綱領・決議や設立の経過・意義などから「全国水平社(1922年3月3日創立)」について論じること。
    ⑥50年に及ぶ戦後の同和教育のあゆみと意義について論じること。
    学校教育における人権(同和)教育のあり方について実践にふれながら論じること。
     
     人権教育と同和教育との関係は、「差別を許さない」という共通基盤を持ち、両者は決して矛盾するものではなく、互いに重なり、共に発展していかなければならない。そこで、本論では、我が国において人権教育を牽引してきた同和教育に注目して、人権(同和)教育のあり方について論じる。
    「同和教育」は、同和問題を解決するための教育の営みの総称である。この同和問題の解..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。