【社会福祉相談技術】3問セット ①ケースワークの原則について②ケアマネジメントの構成要素について③パービジョンについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数162
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    試験対策用として要約しています。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉援助技術 
    設題①
    ケースワークの原則について述べてください。
    個別援助技術を正確に行うためにもっとも大切なことは、ケースワーカー(援助者)とクライエント(利用者)との信頼関係である。信頼関係を築くために、アメリカの社会福祉研究者フェリックス・バイステックは、以下の7つの原則をあげている。利用者を特定の人格をもつかけがえのない人間として尊重し、利用者の抱える問題をその人にとっての独自の問題ととらえる「個別化の原則」。利用者が感情をうまく表現できないでいる場合、利用者が自由に自己の肯定的・否定的感情を表現できるように意図的に働きかける「意図的な感情表出の原則」。利用者の言動の裏にある感情を理解して、その感情に適切に反応する「統制された情緒関与の原則」。利用者の長所と短所、好感のもてる態度ともてない態度、肯定的感情と否定的感情、建設的な態度・行動や破壊的な態度・行動を含んで、あるがままの利用者を全人的に受け入れるという「受容の原則」。ワーカーは自分自身の道徳的観念や価値観から利用者を裁くことなく理解するためにあり、その態度が利用者に感じとられる必要があるという「非審判的態度の原則」..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。