【教職論】3問セット 今日問題となっている「いじめ」について、学級経営面から担任教師としてどのように取り組むかを述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数181
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    試験対策用として要約しています。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教職論 
    設題①
    今日問題となっている「いじめ」について、学級経営面から担任教師としてどのように取り組むかを述べなさい。
    担当教師として、まずいじめを起こさせないこと、深刻化させないことが求められる。そのためには教員は児童生徒と適切な関係を作っておくことが必要であり、また児童生徒同士の関係も適切なものに保つことが大切である。すなわち、いじめが起こらないような集団の構造を作る必要がある。いじめが起きた場合に考えないといけないのは、何よりもいじめられている生徒を守ることである。いじめの加害者はしばしばいじめられる側にも悪い点があると主張しがちであるが、これは自らのいじめを正当化する誤った論理である。教員は、どんな論理であれいじめは悪いことであるというメッセージをしっかり加害側に伝えると同時に、自らを否定さえするほどの痛みを感じている被害者の生徒を全面的に守る必要がある。
    その後いじめが進行してしまった時には、出席停止などの厳しい対応も辞さないなど、いじめを無くしていくという毅然とした姿勢を示すべきである。ただ、いじめっ子も学校に充足感を感じられなかったり、不満を感じているなど、指導・相談の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。