【教育方法論】3問セット 現代社会におけるリテラシーについて説明すると共に情報教育の意義・目標・今後の課題を述べなさい

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数171
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    環境情報子ども社会教師学校保育地域幼児児童

    代表キーワード

    教育方法論

    資料紹介

    試験対策用として要約しています。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法論 
    設題①
    現代社会におけるリテラシーについて説明すると共に、情報教育の意義・目標・今後の課題を述べなさい。
    現代社会では、コンピュータなしに生活することは難しくなってきている。そのため、従来の読み書きに加えて、コンピュータに関する基本的な知識や操作能力が不可欠である。またインターネットメディアによる情報の送り手は様々であり、情報の真偽については必ずしも明確でない。このことから、膨大な情報の中から必要な情報を選び取り、真偽を確かめながら活用する情報リテラシーの向上が、今日強く求められている。
    情報教育は、情報活用能力の育成を通じて、児童生徒に生涯を通して社会の様々な変化に主体的に対応できるための基礎・基本を習得させることを目指している。また、今後ますます進展されるであろう情報化社会に備え、より高い判断力や責任力醸成ため、情報モラルに関する適切な指導が重視されている。1998年に行われた「情報化の進展に対応した初等中等教育における情報教育の推進等に関する調査研究協力者会議」の最終報告では、情報教育の目標となる「情報活用能力」とは①情報活用の実践力②情報の科学的な理解③情報社会に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。