【家族援助論】「家族」「家庭」「世帯」について説明してください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数343
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    福祉家族社会社会学家庭人間集団現代援助

    代表キーワード

    家族援助論

    資料紹介

    近畿大学豊岡短期大学の合格レポートです。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    家族援助論 レポート課題
    設題
    「家族」「家庭」「世帯」について説明してください。
    「家族」は、私たちの最も身近な存在であるとともに、ほとんどの人間社会に存在する集団現象である。それだけに、現実の家族の存在形態はさまざまであり、一義的に定義することは非常に難しい。家族の最も基本的な要素として、「親族関係にある人々によって構成される」ということが挙げられるが、現代の家族システムに於いては家族の成員に親族でない人たちが含まれることもあるため、家族を単なる「親族から成る集団」と定義するだけでは包括的な意味を成していない。これらを受け、関連学問ではそれぞれの状況・立場に沿った定義づけがなされているが、家族援助論では、「家族とは、夫婦・親子・きょうだいなどの近親者を中心に居住と生計を共にする、第一次的な福祉追求の集団である」と定義している。これは、人、場所、生計、目的など全ての要件を揃えることを不可欠の条件としていない。法律的に親子を擬制している養親子や、単身赴任など同居していな場合でも差支えない。また家族が多様に変容している現代社会において、家族の定義も流動的にならざるを得ないなか「福祉追求の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。