【小児栄養学】幼児期の食行動における問題点を挙げ、それらの問題に対する具体的な対応方法を述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数219
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    子ども発達家族幼児問題大学食事能力食品遊び

    代表キーワード

    小児栄養学

    資料紹介

    近畿大学豊岡短期大学の合格レポートです。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児栄養学 レポート課題
    幼児期の栄養と食生活について、食行動における問題点を挙げ、それらの問題に対する具体的な
    対応方法を述べなさい。
    子どもの食をめぐっては、今日、さまざまな問題が指摘されている。厚生労働省の平成17年度乳幼児栄養調査によれば、子ども(1~4歳)の食事で「困っていることはない」と答えた割合はわずか13%であり、90%近くが困っていると回答した。内容としては「遊び食い」が45%、「偏食する」が34%、「むら食い」が29%、「食べるのに時間がかかる」が25%、「よく噛まない」が20%と続く。特に「偏食する」は20年前には19%、10年前には25%であったが増加しており、17年度..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。