【子どもと体育】こどもとメディア(テレビ、ビデオ、ゲーム等)の望ましい関係はどうあるべきかについてあなたの考えを述べてく

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数248
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短期大学の合格レポートです。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    こどもと体育 レポート課題
    こどもとメディア(テレビ、ビデオ、ゲーム等)の望ましい関係はどうあるべきかについてあなたの考えを述べてください。
    現代は、メディアの存在なしには成り立たない社会であり、子どもたちは、好むと好まざるとに関わらず、メディアに囲まれた環境を当然のものとして受け止め、育っている。最近ではテレビだけでなく、携帯電話・インターネットやテレビゲームなども普及し、多くの子どもたちが日々進歩する新しいメディアに接しながら生活している。したがって、発達の活発な小さな子どもに対して、メディアがどう影響するかを考えるのは、子どもの成長と発達にとって特に重要なことである。
    「子どもに良い放送プロジェクト」(NHK放送文化研究所)の調査によると、テレビの視聴開始年齢の平均は生後3.13ヶ月、ビデオは3.82ヶ月であり、発達早期からの映像メディアへの接触開始の実態が明らかになった。調査期間中の1 週間でテレビ接触量ゼロだったのは2.7%、ビデオ接触量は41.1%と大きく異なる結果となり、視聴時間に家庭ごとの長短はあるもののテレビはほぼ全員が接触しているのに対し、ビデオは利用している家庭と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。