【教育方法論】教育思想家①コメニウス②ルソー③ペスタロッチ④ヘルバルト⑤デューイの教育思想についてまとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数672
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短期大学の合格レポートです。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法論 レポート課題
    設題
    近代・現代の教育思想家①コメニウス②ルソー③ペスタロッチ④ヘルバルト⑤デューイの教育思想についてまとめなさい。
    ヨーロッパにおいて、近代への扉を開く契機となったのは、芸術・精神運動としてのルネッサンスであり、それの発展形態としてのヒューマニズムの思想であった。ヒューマニズムは、何事にも拘束されない個人の自由で人間らしい生き方を追求するものであり、その思想は教育の世界にも波及した。このような時代背景のなかでコメニウスは登場した。彼は「すべての人にすべてのことを」教授する計画を立て、世界最初の絵入り教科書『世界図絵』を作成した。これはコメニウスが最も重視していた「直観の原理」に基づくものであり、子どもに言葉で教え込むのではなく、感覚から始めて少しずつ知識を子どものものにしていくという教授原理である。コメニウスが近代教授学の始祖とするならば、ルソーは近代教育思想の始祖である。ルソーが活躍した頃のフランスの社会では、イギリス啓蒙思想からの影響を受けて政治や司法での自由・平等が叫ばれつつも、市民層になお十分な自由や平等が与えられていなかった。教育思想、芸術、文化、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。