【教育方法論】近代以降の著名な教育思想家「フレーベル」「モンテッソーリ」「倉橋惣」の保育論について、簡単に説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数340
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    科目終末試験対策として、要約しています。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法論 
    設題
    近代以降の著名な教育思想家3名の保育論について、簡単に説明しなさい。
    (1)フレーベル
    (2)モンテッソーリ
    (3)倉橋惣三
    (1)フレーベル
    彼は幼児の本質を神的なものとして捉え、この児童観に基づいて受動的、追従的な教育を主張した。つまり、教育者は子どもの本質に追随的に、その無傷の展開を保護し、助成するように働きかけなければならないという考え方である。この立場から1840設立した幼児学校の名前を「Kindergarten」(子ども達の庭)と名づけ、和訳で「幼稚園」という名称が生まれた。また、フレーベルは幼稚園の教育内容を、遊びや作業を中心にすべきものと唱え、ボール遊び、お..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。