【教育原理】近代から現代の保育制度の発展について各国の機関・施設の誕生と、現代の保育制度の発展について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数198
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    科目終末試験対策として、要約しています。
    よろしければご参考ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理 
    設題
    近代から現代の保育制度の発展について以下の国の機関・施設の誕生と、現代の保育制度の発展について簡単に説明しなさい。
    (1)フランスにおける幼児学校、保育所、託児所
     世界最初の保育施設であると言われるのは、オーベルランが編物学校に併設した幼児学校である。彼はここで手編み作業や自然の中での体験などを通じて3歳以上の年少のこどもを保育した。続いてパストレ夫人がパリに乳児の託児所を開設し、その後、イギリスの幼児学校をモデルにした保育所を開設した。
    第2次世界大戦後は、国家により計画的に就学前施設の量的拡大と質の改善を進めており、1980年代には3歳児の就園率の向上(90%以上)、開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。