【養護原理】入所型児童福祉施設のうち、①母子生活支援施設、②情緒障害児短期治療施設、③児童自立支援施設について、まとめなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数205
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    養護原理 レポート課題
    設題  
    入所型児童福祉施設のうち、①母子生活支援施設、②情緒障害児短期治療施設、③児童自立支援施設について、
    まとめなさい。
    母子生活支援施設は、配偶者のない女子またはこれに準ずる事情にある女子およびその者の監護すべき児童を入所させて、これらの者を保護するとともに、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援することを目的としている(児童福祉法第38条)。同施設は、単に貧困な母子に宿泊を提供する施設ではない。入所利用基準は、家庭環境の不適切、母親の情緒障害などにより児童の福祉に欠ける、経済的理由により児童の福祉に欠ける、等様々である。施設での生活は、母子単位の各世帯で営まれ、母子の主体性を尊重して、側面的な支援を行うことを基本としている。今後、母子世帯の質的変化や多様化したニーズに応えるため、職員には高度の専門性と次の4つの機能が求められている。それは①経済的、精神的自立を促進するための機能、②母子世帯児童の健全育成の機能、③住宅提供または緊急保護の機能、④地域社会に対しての生活福祉センター機能である。
    情緒障害児短期治療施設は、軽度の情緒障害を有する児童を、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。