【保育原理Ⅱ】さまざまの保育形態を取り上げ、その特徴について説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数189
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保育原理Ⅱ レポート課題
    設題  
    さまざまの保育形態を取り上げ、その特徴について説明しなさい。
    保育の形態は、保育の目指す目標やねらいが達成されるよう配慮されることが必要である。そして、どのような形態であっても子ども一人ひとりの欲求に沿ったものであることが大切である。保育の形態として様々なタイプが挙げられるが、以下に主なものを説明する。
    まず、子どもの人数による形態として「個別保育」や「グループ保育」・「クラス保育」が挙げられる。「個別保育」は、多様な子ども一人ひとりの保育ニーズに対して保育者が個々に援助を行うことである。とりわけ低年齢児では個人差が大きいため、この個別指導に重きが置かれる。その為保育者は、子ども一人ひとりの生活のリズムに応じた快適な日々が送れる配慮が求められるこれに対して「グループ保育」・「クラス保育」は、二人以上の子どもがグループを作って活動するのを保育者が援助する保育の形態である。子どもは相互に刺激し合い、相手の意思や感情を理解する力や譲り合い協力する心が育まれ、社会性の発達が促進される
    また、保育指導の形態として「一斉保育」や「設定保育」、「オープン保育」、「..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。