【小児保健Ⅱ】小児特有の感染症について、3つの具体例をあげ、それぞれの対処法と予防法を説明しなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数341
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児保健Ⅱ レポート課題
    設題
    小児特有の感染症について、3つの具体例をあげ、それぞれの対処法と予防法を説明しなさい。
    感染症対策は現在,世界のみならず日本においても急務とされている。人や動物,財・サービスの移動が拡大した結果,感染の確率が増えているほか,先進国においてはあまり感染症に罹ったことのない世代が自然免疫を持っていないこと,産業動物が人工的でともすれば感染症が拡大しやすい環境の中で育てられていること等から現代社会は感染症に対して脆弱であるとする論もある。
    感染症の成立には、感染源、感染経路、感受性者の三つの存在が必要条件である。感染源対策としては消毒・隔離などにより病原体を除去する事、感染経路対策としては手洗い・マスク着用などにより病原体の侵入経路を遮断する事、感受性者対策としては予防接種などにより個体の抵抗力を増強する事が必要である。つまり感染症対策を講ずるには、感染方法や予防・治療法等について、十分に理解しておく必要がある。特に保育所において集団発生が起こりやすいインフルエンザ、麻疹、感染性胃腸炎(ノロウイルスなど)については、十分な対策が必要である。以下にそれぞれの対処..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。