【小児保健Ⅰ】小児肥満について、1500字程度で述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数531
ダウンロード数15
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児保健Ⅰ レポート課題
    設題
    小児肥満について、1500字程度で述べなさい。
    近年、子どもの肥満は増加傾向にある。これは、脂質の多い欧米型の食事が中心になったことや、家にこもってテレビゲームなどで遊ぶことが多くなり、運動不足の子どもたちが増えていることに起因している。また昔とちがって、いまの子どもたちはストレスも増加しており、食べることによってストレスの解消をはかるケースも見受けられるという。そもそも肥満とは、体の脂肪組織が必要以上に増えた状態のことを指す。消費するよりも摂取するエネルギーが多いと、余分な栄養素の大半は中性脂肪にかわり、脂肪組織に蓄えられて肥満となってしまう。
    肥満を考える上..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。