【社会福祉学】生活保護制度における「扶助の種類(8扶助)」について簡潔に説明し、貧困問題が子どもにどのような影響を及ぼすのかについて考察してください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数244
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉学 レポート課題
    設題
    生活保護制度における「扶助の種類(8扶助)」について簡潔に説明し、貧困問題が子どもにどのような影響を及ぼすのかについて考察してください。
    生活保護の種類には、「生活扶助」「教育扶助」「住宅扶助」「医療扶助」「介護扶助」「出産扶助」「生業扶助」「葬祭扶助」の8種類がある。このうち、生活扶助から介護扶助までは継続して支給され、出産扶助、生業扶助、葬祭扶助は一時的に支給される。また、医療扶助と介護扶助以外のものは原則、金銭給付(現金支給)であるのに対し、医療扶助と介護扶助は、指定医療機関や指定介護施設による現物支給が原則となっている。
    次にそれぞれの扶助内容の概要を述べる。まず「生活扶助」は、日常生活の上の基本的需要を満たすもので、被保護者の世帯を単位として支給される。基準生活費の算定は、食費や被服費など個人単位の経費(第1類)と、光熱費や家具什器など世帯単位の経費(第2類)とを合算して行われる。「教育扶助」は、義務教育就学中の児童・生徒の義務教育に伴って必要な需要を満たすための給付である。おもな内容は、学用品費や通学用品費、教科外活動費、学校給食費、通学用交..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。