【児童福祉学】児童福祉法に規定されている児童福祉施設の概要を述べてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数179
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉学 レポート課題
    設題
    児童福祉法に規定されている児童福祉施設の概要を述べてください。
    児童福祉施設は、子どもやその保護者等に適切な環境を提供し、養育、保護、訓練、育成さらには自立支援などのサービスを提供することを目的としている。
    児童福祉法では、第7条で、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、児童厚生施設、児童養護施設、知的障害児施設、知的障害児通園施設、盲ろうあ児施設、肢体不自由児施設、重症心身障害児施設、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設、児童家庭支援センターの14種類を規定している。
    この14種類を、児童福祉施設最低基準ではさらに20種類に細分化している。その際、知..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。