【児童福祉学】児童虐待の定義をまとめ、児童虐待が起こる社会的背景とその対応について述べてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数193
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    児童福祉学 レポート課題
    設題
    児童虐待の定義をまとめ、児童虐待が起こる社会的背景とその対応について述べてください。
    児童虐待は、児童虐待防止法に於いて、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう)がその監護する児童(18歳に満たない者)に対し、次に掲げる行為をすること」と定義されている。その行為とは、身体への暴行などの「身体的虐待」、児童へのわいせつ行為と、わいせつ行為をさせることを指す「性的虐待」、心身の正常な発達を妨げる減食・長時間の放置などの「ネグレクト」、著しい暴言・拒絶的対応・著しい心理的外傷を与える言動を行うことを指す「心理的虐待」の4つの型に分類される。また、主な虐待者は実母が約6割、実父が約2割を占め、8割以上が実の親からの虐待となっている。
    そもそも、児童虐待が起こる原因とは何であろうか。虐待の発生には、多くの要因が関与していると考えられる。その代表的なものとして、精神的に未成熟な大人が増えたことや、経済的理由によるストレスの増加、夫婦関係の悪化など諸々あるが、根本要因としては母親を取り巻く社会環境の変化による「育児不安」によるも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。