【教職論】現代の日本社会が抱えている教育的諸問題を考察し、教師に必要とされる「資質・能力」について述べてください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数252
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師論 レポート課題
    現代の日本社会が抱えている教育的諸問題を考察し、教師に必要とされる「資質・能力」について述べてく
    ださい。
     「教育者としての使命感、人間の成長・発達についての深い理解、幼児・児童・生徒に対する教育的愛情、教科等に関する専門的知識、広く豊かな教養、そしてこれらを基盤とした実践的指導力」という教員の資質能力は教員である以上、いつの時代にあっても一般的に求められるものである。 この一般的資質能力を前提にしつつ、今日の社会の状況や学校・教員をめぐる諸問題を踏まえた時、さらなる教員の具体的資質能力が求められる。なぜなら、十年ひと昔、時代は日々刻々と変化し、学級崩壊やいじめの問題など、私の子ども時代には想像もしなかった問題が発生しているからである。そして、教育に関する問題は絶える事がない。これは教員の理想と子ども達の実態のギャップからの戸惑いによるものではないか。子ども達は、想像以上に学校のシステムにストレスを感じ、学びそのものに懐疑的である。そこから子どもの実像を捉えられない焦りが教員の許容量を超え、学ぶことの面白さより、規律が重視されることで悪循環に陥っているといえる。..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。