【教育方法論】遊びを通した総合的指導について、以下の3つの視点を入れ込んで述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数199
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育方法論 レポート課題
    設題
    遊びを通した総合的指導について、以下の3つの視点を入れ込んで述べなさい。
     ( ①遊びの本質 ②保育所保育指針・幼稚園教育要領 ③発達や学びの連続性 )
    幼稚園教育要領および保育所保育指針は、遊びの指導や援助に関して、共通して「総合的な」指導や保育という在り方を求めている。教育要領では、第1章総則の幼稚園教育の基本において、「幼児の自発的な活動としての遊びは、心身の調和のとれた発達の基礎を培う重要な学習であることを考慮して、遊びを通しての指導を中心として第2章に示すねらいが総合的に達成されるようにすること」とある。また保育指針では、第1章総則の保育の方法のところで、「子どもが自発的、意欲的に関われるような環境の構成と、そこにおける子どもの主体的な活動を大切にし、乳幼児期にふさわしい体験が得られるように生活と遊びを通して総合的に保育を行うこと」と示されている。教育要領、保育指針ともに、心身の総合的な育ちをもたらす遊びの特性を十分に考慮して保育することの必要性を指摘しているといえる。
    そもそも、遊びの本質とは、遊ぶこと自体が目的であり、人が周囲の事物や他の人..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。