【教育原理】現代の幼児教育の課題に対してその原因を探り、幼児教育・保育施設やシステムの新たな改善や対処について述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数539
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理 レポート課題
    設題  
    現代の幼児教育の課題に対してその原因を探り、幼児教育・保育施設やシステムの新たな改善や対処について
    述べなさい。
    現在、わが国の保育はこれまでになかったような大きな転換期にある。時代や社会の急速な変化に伴い、子育て環境は大きく変わった。その筆頭ともいえる問題が「少子化」や「核家族化」である。
    少子化は日本の経済力や国際競争力を低下させるだけでなく、子ども同士の交流機会の減少や過保護化を促進させ、社会性が育ちにくいなど子どもたちにも様々な影響を与える。その原因として、養育費や教育費の負担増により「計画出産」が普及したことが一因として考えられる。またそれぞれの家庭のニーズに合致した保育所や幼稚園が無く、制度面でも不十分な面が多いことから早急な制度整備が求められている。
    また現代の子育て家庭の多くが核家族であり、これまで伝えられてきた育児知識の伝承が断ち切られている。加えて地域の繋がりも希薄になり、子育て不安に陥る母親も少なくない。また核家族の場合、母親は子どもを放っておいて仕事に行くことが難しくなり、女性の就労権利が疎外されてしまうことも核家族化の大きな問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。