【教育原理】涯教育の成り立ちと近年の生涯教育の動向を挙げ、生涯学習を推進していくうえでの課題を学校教育の在り方と関連づけて述べなさい。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数192
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    近畿大学豊岡短大 通信教育学部の合格レポートです。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育原理 レポート課題
    設題 生涯教育の成り立ちと近年の生涯教育の動向を挙げ、生涯学習を推進していくうえでの課題を学校教育の在り方と関連づけて述べなさい。 
     生涯教育という言葉は、1965年にパリで開かれたユネスコの「成人教育推進国際委員会」で注目されることになった。当時成人教育の理論家であり、教育局継続教育部長をしていたポール・ラングランらによって生涯教育の理念が提唱されたわけであるが、1973年にはOECD(経済協力開発機構)によりユネスコの生涯教育論を批判する形で「リカレント教育」の概念が提唱された。日本では1970年代に入って行政の側から生涯教育ということが盛んにいわれるようになった。71年の社会教育審議会の答申「急激な社会構造の変化に対処する社会教育のあり方について」では、高度経済成長に伴う社会の急激な変化に対応するための教育施策として、生涯教育の必要性が述べられた。また81年、中央教育審議会の答申「生涯教育について」において,生涯学習と生涯教育の考え方を示し,我が国が学歴社会から学習社会への転換を図るために取り組むべき課題について述べている。さらに85年から87年まで設置..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。