【教育心理学】心理学において「学習」とは何かを述べた上で、オペラント条件付けによる学習を解説し、オペラント条件付けが活かされている具体例を挙げて説明してください。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,281
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    近畿大豊岡短大 通信教育学部  
    教育心理学の合格レポート(A評価)です。

    参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【教育心理学】
    1、心理学において「学習」とは何かを述べた上で、オペラント条件付けによる学習を解説し、オペラント条件付けが活かされている具体例を挙げて説明してください。
    心理学に於いて学習とは「経験を通して生じる比較的永続的な行動の変容」と定義される。
    それは学校で一方的に授業を受けるといった受動的な学習だけでなく、食事の仕方や歯の磨き方、カブトムシの捕まえ方等、日常生活や遊びの中から得られる能動的な知識・経験も学習の一部となる。また、非行等の社会的に負の価値がある行動も、それが経験によって生じた比較的永続的な行動の変容であるならば、それは学習ということとなる。
    学習成立の理論については、さま..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。