S0539道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数445
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年1月にA判定をいただいたレポートです。参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0539 道徳教育の研究
    2012年度 レポート
    設題:道徳教育の意義について述べよ。
    2013年1月に A 判定をいただいた資料です。参考にしていただけ
    ればと思います。
    (参考文献)
    道徳教育の基礎 田中圭治郎 編著
    道徳教育の意義について述べよ
    はじめに、道徳とはどのように規定されているかについて述べていく。
    辞典には、「社会で正しく行為するための規範の総体」等、法律により拘
    束されないが、人間として生きる道であり、人それぞれの内面の中に存
    在するものであるとされている。
    しかし、日高六郎は「道徳は社会規範」のひとつであり、社会的一般
    化し、是認され、ある程度強制されるものであるとしている。それゆえ、
    道徳には個人の自発性に支えられている部分と、社会から強制されてい
    る部分があり、社会秩序の維持のために、社会的進歩を押し止めようと
    作用する場合がある。道徳は、社会の変化に対応した新しい価値観が生
    まれた時、保守的な作用をし、時として時代に逆行するとしている。こ
    のような道徳を子どもたちにどのように教えるかが道徳教育である。道
    徳教育の規定を辞書で調べると、「国家..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。