教育心理学 レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数877
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2013年1月にA判定をいただいたレポートです。参考にしていただければと思います。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S8102 教育心理学1
    2012 年度 レポート
    設題:児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係
    (親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかまとめよ。
    2013 年 1 月に A 判定をいただいたレポートです。参考にしていただ
    ければと思います。
    (参考文献)
    改訂 教育心理学 杉田千鶴子 編著
    児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係【親・
    仲間】)の拡がり、自己意識などがどのように変化するかまとめよ。
    ①児童期における社会的認知の拡がりと自己意識の変化
    はじめに、児童期の社会性の発達について述べていく。小学校に入学
    すると、学習状況に適応しなければならない。その際に、他の人の話を
    聞く・筋の通った文章を読んだり書いたりして、言葉の理解力や表現力
    を身につける。こうして、ことばは欲求や意図だけでなく思考や経験を
    伝え、新しい概念や知識を生成していく働きを担うようになる。
    また、子どもは、時間的にも空間的にも今を離れた事柄に接するよう
    になり、本質的な意味を抽象する力が備わってくる。さらに、自主的に
    集中して行った活..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。