論文要約「勝利志向型スポーツチームにおける理想のキャプテン像について」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数734
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    論文記事を解説したものです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ◆取り上げた論文
    村井剛,猪俣公宏(2010).「勝利志向型スポーツチームにおける理想のキャプテン像について」,実験社会心理学研究50(1),28-36
    ◆キーワード:キャプテンシー、リーダーシップ、因子分析、チームスポーツ
    要約
    何を?
    勝利型スポーツチームの理想のキャプテン像の特徴
    誰に?
    9競技種目のチームスポーツ選手808名
    どうやって?
    116項目のキャプテンの理想像に関する質問紙
                 
                   5つの因子を抽出し分析...
    「目標志向性」、「人間関係の維持発展」、「メンバーへの激励」、「競技知識」、「競技能力」
    どうだった?
    結果は先行研究で得られた見解と概ね類似
    ○信頼性の検討
    α係数・ピアソンの相関係数を算出
    →どちらの相関も比較的高い値であったため、今回得られた結果はある程度の信頼性を有している。
    ○妥当性の検討
    基準関連的妥当性、内容的妥当性
    ○その他
    性差の観点からの比較
                    目的
    ◆リーダーシップ:集団メンバー個々の行動と集団活動に決定的な影響を与えるもの+集団過程を分析する中核的概念として..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。