レディー・ガガとソーシャルメディア

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数270
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    91点評価S

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レディー・ガガはイタリア系アメリカ人で、ニューヨーク州ヨンカーズの裕福な家庭に生まれる。2008年にデビュー・アルバム「ザ・フェイム」をリリースし、シングル「ポーカー・フェイス」のヒットにより、オーストリア、イギリス、カナダ、アイルランドチャートにて1位を獲得。アメリカ合衆国とオーストラリアでは最高位4位、日本では最高位6位を記録している。その全世界での売上枚数は1200万枚を突破している。アルバムからのリードシングル「ジャスト・ダンス」は2008年4月8日にリリースされ、世界各国で首位を獲得し、全世界で700万枚以上売り上げる。以来、奇抜で洗練されたファッション、ステージで見せる過激かつセクシーなパフォーマンス、自らをバイセクシュアルであると公言する大胆さなどが、海外および日本で話題をよび、爆発的な人気を見せている。なぜ彼女の人気にここまで火がついたのか。もちろん彼女自身のアーティストとしての魅力に負うところが大きいが、それを強力にバックアップしているのがソーシャルメディアだ。レディー・ガガは、ソーシャルメディアを積極的に活用している。2008年4月に日本でサービスを開始して以来、急..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。