著作権・ドラえもん同人誌問題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数253
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    74点評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    A.『ドラえもん最終回』同人誌事件に関する論述
    『ドラえもん最終回』同人誌事件の概要
      2005年の「ドラえもん」声優陣交代など、新しい「ドラえもん」のスタートを記念し、「田嶋・T・安恵」という男性作家が以前からネットに流れていた「ドラえもん最終回」をベースにアレンジを加えて同人誌を作成し、マンガ専門店などで一部300円で頒布し、メロンブックスにて420円(税込)で委託販売もされた。さらに「ドラえもん最終回」は第三者によってWeb上に内容が丸ごと転載され、インターネットを通して広まっていった。
      当初は著作権者である小学館及び藤子・F・不二雄プロは黙認していたが、2006年、藤子・F・不二..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。