芸術の伝統における創造性と模倣

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数227
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    70点評価B

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「芸術の伝統における創造性と模倣」
    はじめに
    絵画、本、音楽。「芸術」と分類されるものには常に「創造性」が求められる。しかし、中にはオマージュ作品、コピーバンドといった「模倣」であること自体を売りにした作品も存在する。本文では「創造性」とはなにか、また「模倣」作品との差、伝統について述べる。
    創造性とはなにか
     創造とは、模倣の対義語である。つまり、人マネをしないことである。しかし、例えば音楽ならばギターやベースを弾き、ヴォーカルがいて、ドラムを叩くというバンドのスタイル、漫画ならばコマ割りや画法が既に「伝統の模倣」ともいえる。伝統のある芸術において、完全な創造はありえない。ベンヤミン(193..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。