少年犯罪とその周りを取り巻く環境

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数286
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    66点評価C

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    概要
    近年では、現実感覚が乏しく、自分で自分の人生に責任が取れないような若者の犯罪が多いように感じられる。レポートでは神戸連続児童殺傷事件を通して、日本の少年犯罪について考察する。
    少年Aの精神鑑定
    神戸連続児童殺傷事件とは、1997年に兵庫県神戸市須磨区で発生した残忍な殺害方法や奇異な声明文など、過去に例を見ない猟奇的な事件だったが、もっとも私たちに衝撃を与えたのは容疑者が当時14歳の中学生(以下、少年A)であったということだ。
     少年Aの精神鑑定によると、脳に異常はなく意識は清明であり、年齢相応の知力があり、また多重人格ではなく、この事件の原因は持続的で強固なサディズムと、他者に対する乏し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。