ドイツはなぜ環境先進国になることができたのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数202
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    85点評価A

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    概要
      今日、環境問題は世界中で注目されており、我々が直面する重要な問題である。たびたびマスコミで「地球は瀕死の状態にある」と騒がれるが、我々はその事実から目をそむけ、豊かな生活を求め続けた。その結果が、現在の環境問題につながっている。環境問題は常に変化し続けている。1960年代に高度成長期の日本で水俣病やイタイイタイ病などの公害が発生して自然破壊も進んだ。当時は公害対策によってある程度は対策できていたが、近年の環境問題は全世界を巻き込んだ複雑なもので対策も難しくなってきている。現代では、我々ひとりひとりの生活が環境問題の原因であり、被害者と加害者の区別が明らかにはなっておらず、その解決法は単純ではなく、環境保全のために我々はどうしていけばよいのかハッキリとした答えはないのである。そんな中でドイツは、他国よりも早く地球環境の保全に目を向け始め、その結果、いち早く「循環型社会」の基盤を作り上げることに成功した。ドイツを中心としヨーロッパでも早くからドイツの政策を取り入れ、環境保護においてドイツは現在、他国の見本といえるであろう。そこで、レポートではどのようにしてドイツが「環境先進国」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。