流通概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数2,006
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    百貨店と総合スーパーは、流通チャネルにおける流通業者に分類される。同じ小売業者でありながら、両者には多くの相違点がある。そこで、両者について、その立地、店舗の運営形態、仕入形態、販売形態、取扱商品、価格、イメージなどを比較検討しながら、それぞれの特徴を論述。また、取扱商品に関しては、製造業者ブランド、流通業者ブレンドについても説明。

    流通業者が流通チャネルに存在する社会的意義を生みだす状況を説明し、それを実現する論拠を提示してその内容を論述。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    レポート課題1
    百貨店と総合スーパーは、流通チャネルにおける流通業者に分類される。同じ小売業者でありながら、両者には多くの相違点がある。そこで、両者について、その立地、店舗の運営形態、仕入形態、販売形態、取扱商品、価格、イメージなどを比較検討しながら、それぞれの特徴を論述してください。また、取扱商品に関しては、製造業者ブランド、流通業者ブレンドについても説明をくわえてください。
    流通チャネルにおける流通業者に分類される百貨店と総合スーパーについて、その立地や運営形態、仕入形態、販売形態、取扱商品、価格、イメージなどからその相違点を比較して行く。
    まず、立地について両者の比較する。
    百貨店は、都市型やターミナル方と呼ばれるように主に都心や公共交通機関の主要駅に隣接した立地に置かれ、駐車場をあまりもたない。
    これに対して総合スーパーは、郊外や集合住宅地区などの日常生活圏に近い立地に置かれ、駐車場をもっていることが多い。
    百貨店も総合スーパーも巨大な売り場面積を持っているが、立地から百貨店よりも総合スーパーの方が敷地面積は広く、対して売り場面積は百貨店の方が総合スーパーよりも広い。
    運営形態..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。