経済システム分析

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数877
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    バーチャルオーガニゼーションと共有モデルについて説明

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    [設題] バーチャルオーガニゼーションと共有モデルについて説明しなさい。
    1.バーチャルオーガニゼーションと共有モデル
    バーチャルオーガニゼーションとは、多数の企業や大学、病院などが、それぞれに自前で事業を行うのではなく、システムを共有して事業を行う状態の事である。
    ここでのシステムというのは、現代で言えばコンピュータとインターネットを利用したシステムの事であり、通信技術や情報処理技術の発展によりこのシステムが一般に利用しやすいものとなったことがこのバーチャルオーガニゼーションを利用する広がりを支えている。
    従来の企業ではコンピュータとインターネットが発展途上であり、それを利用するということ自体一般的ではなかったため、それぞれの企業が個として事業を行う言わば、自前モデルが当たり前で、広告や輸送、法務管理などと言った一部の各自で行うことが難しい業務において専門家や専門としている企業にその業務を委託するという形が一般的であった。
    現代でもそういった企業は少なくないが、コンピュータとインターネットの普及により、このシステムを利用する企業が増えた事で、同種の事業を行う企業間や異なる事業を行う企..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。