社会科-公民科指導法1

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数457
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    星槎大学の最難関科目でもある、社会科・公民科指導法のレポートです。
     資料を購入していただいても、自分用に変更する必要が、非常に多くあります。 ご担当の先生は、地域調査が好きですので、自分で歩いて写真を撮る必要がありますし、地図も手書きする必要があります。 あくまでも、通ったレポートの例ということでご購入ください。
     そのまま提出するのはお避けください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    科目コード 361101 社会科・公民科指導法Ⅰ
    「さいたま市見沼区の地域調査に基づく教材開発」
    1.調査の目的
     (1) 地域理解と愛情
    生徒と共に地域調査を通して地域に対する理解と愛情を深める。
     (2) 地域の捉え方・考え方
      地域調査において地域の見方、捉え方、地理的学習能力を育てる。
    (3) 地域社会形成に参加・行動
         地域社会には様々な問題があり、その問題解決に生徒自ら積極的に参加する態度を養う。
    2.テーマ設定の理由
     (1) 自分達の住む地域を生徒と共に調査して地域理解に基づいた所属感を養うことを意図して本テーマを設定した。
    (2) 地域には働く人々、優れた伝統文化(食文化、地域芸能、産業)などがある。地域の実態調査を通して、伝統文化を受け継ぐ人々や生業に励む人々との働きに共感できる、生徒を育てたいと考え本テーマを設定した。
    (3) 私は社会科教師になったら生徒と共に地域社会に基づいて、地域社会の人々と出会い、その人間の生き方に自らを対応させ、生徒と共に自己理解を深める動機づけにする意味から本テーマを設定した。
    3.調査方法
    (1) 観察調査(野外ノート・ル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。