教育の方法と技術

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数190
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    選択した設題 (1) 、
    基本概念(キーワード)
     教授の意味:教授は子どもが教材に取り組んで学習するように教師が指導する働きのことであり、基本的には次の3つの事柄からなっている。
    教材 子どもは教材から学習するというのが本質である。教材は教授すべき一般的で本質的な内容を含んだ具体的な素材のことであり、教材を子どもに向けて選択し構成し提示することは教師の大事な研究である。
    学習 学習は子どもがすでにもっている知識や技能を改善すること、また子どもが環境と相互作用することに基づく。これは経験とも言われる。教授は学習の成立を目指して自己活動を喚起することから始まるのである。
    指導 指導には2つの様式がある。ひとつは直接的指導様式であり、教師が子どもへじかに働きかけていくことである。指示、発問、講話、説明などが挙げられる。もうひとつは間接的指導様式であり、子どもが学習するための活動場面を準備し設定することである。「師は師なきを期す」と言われるのも、その意味である。
    「生きる力」の育成:教育を把握する中心には人間が位置し、人間の尊厳という考えがある。この基本に立って教育の変わらざる課題は、望まし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。