S0606 HC美術概論

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数138
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    2013年度に提出したレポートです。
    評価はB判定でした。
    類似レポートは不合格になりますので、参考程度にご活用ください。

    所見は「評価についてもう少し詳しく論述すると良い」でした。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0606
    美術概論
    「テキスト・第2章「1節 目標」「2節 内容と構成」(p.13~p.22)を要約し、平成20年版小学校学習指導要領・図画工作について概説すること」
     平成20年に改訂された小学校学習指導要領における図画工作科の目標は「表現及び鑑賞の活動を通して、感性を働かせながら、つくりだす喜びを味わうようにするとともに、造形的な創造活動の基礎的な能力を培い、豊かな情操を養う。」と明示されている。改定された目標では、「感性を働かせながら」という文言が追加されており、子どもなりの感じ方やものの見方、直観的な捉え方を指導者が認め、子どもがその力を発揮することで、子ども自身が「つくりだす喜びを味わう」ことができるということを再確認するために加えられたのである。また、子ども独自の感覚や知覚、直観的な分析力や判断力のような「感性」を働かせる場を指導者は取り入れていく必要がある。
     小学校図画工作科の改善事項として以下の5点が示されている。
    ①感性や想像力、手や体全体の感覚などを働かせながら造形的な創造活動の基礎的な能力を高め、生活や社会と主体的にかかわる態度を育てる。②資質や能力を整理し、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。