【レポート】佛教大学 心理学入門レポート第二設題_A判定【A6108】

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数475
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    心理学子ども発達社会心理幼児児童障害子供言葉

    代表キーワード

    心理

    資料紹介

    佛教大学「心理学入門」第二設題のA評価レポートです。
    どうぞ学習の参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アタッチメント理論について解説しなさい。
     アタッチメント理論とは、心理学、進化学、生態学における概念であり、人と人との親密さを表現しようとする愛着行動についての理論である。子供は社会的、精神的発達を正常に行うために、少なくとも一人の養育者と親密な関係を維持しなければならず、それが無ければ、子供は社会的、心理学的な問題を抱えるようになる。アタッチメント理論は、心理学者であり精神分析学者でもあるJohn Bowlbyによって確立された。
     アタッチメントのシステムは、愛着の対象者に対する親密さを達成し、それを維持する目的で機能している。生後8週までの時期まででは、乳児は、養育者の注意を引くために、微笑んだり、声を出したり、泣いたりする。この時期の乳児は次第に養育者を区別するようになるが、これらの行動は、近くにいる誰に対しても行われる。生後2ヶ月から生後6ヶ月まででは、乳児はよく知っている人と知らない人をよく区別するようになり、養育者に対して、より強く反応するようになる。具体的には、後追いをしたり、まとわりついたりする行動が加わる。生後6ヶ月から2歳までには、明確なアタッチメントが発達する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。