25 グループワークの展開過程について述べ、アルコール依存症や、精神科関連のグループワークの実践について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数417
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉精神保健

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     グループワークは、利用者の個々の課題解決を小集団の場で行うという技法である。その特性は、構成員である数人の利用者と援助者との協働の下、話し合いという技法を中心に、構成員が相互作用の影響を受け、解決と成長を可能にしようとするところにある。グループワークの展開過程は、準備期・開始期・作業期・終結期の四つの段階に分けられる。なお、これら四つの段階の区分けは、あくまでも標準的なグループワークを想定した援助全体の流れを説明上分類したものであり、実際には明瞭に区分できない場合もある。
     準備期とは、グループワークを開始する前の段階であってメンバー同士が顔を合わせる以前の時期である。この段階では、精神保健福祉士は所属組織内の理解を得たり、グループの目的・目標、構成、援助期間を決めたり、プログラム活動を立案したりなど、活動のための様々な準備を行う。また、この段階で援助者はメンバーの情報を集め、予備的接触を行い、自己覚知することで援助者としての自分自身をより深く理解する様に努める。これは、波長合わせと呼ばれ、援助の円滑な開始にとって大切な準備作業である。
    開始期では、グループワークが実際に始まりメンバ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。