24 ケアマネジメントの展開過程について説明し、現在の精神保健福祉の実践について述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数285
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会福祉精神保健

    代表キーワード

    社会福祉

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ケアマネジメントとは、ソーシャルワーカーの実践するソーシャルワーク活動であり、効率的に援助を行う為にクライエントの立場に立ってニーズを解決できるよう援助のネットワークを組んで支援する技法である。ケアマネジメントの最終的な目的は2つあり、まず、ケアマネジメントは生活に困難さを持っている人々に注意を向けており、利用者の能力を高め、最終的に自立的な生活ができる事を目指す。つまり、利用者のセルフケア能力を向上させることが目的である。もう一つは、ケアマネジメントは地域社会に目を向けており、地域の問題解決能力を向上させる事、つまり地域コミュニケーション作りが目的である。
     一般的なケアマネジメントの過程は、①インテーク→②アセスメント→③プランニング→④ケア計画実施→⑤モニタリング→⑥評価と終結(再アセスメント)といった過程で構成されている。
    ①では、利用者が初めて施設・機関を訪れた時、そこに所属する援助者が施設・機関の責任において問題を取り上げるか否かを検討する段階である。利用者本人と契約支援を結ぶ事は、利用者にとって支援の全体像が見える安心さと共に、自分の努力の責任と分担が明確になるため、セル..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。