ゆるキャラで全国1位をとったくまモンの受容

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数903
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ゆるキャラで全国1位をとったくまモンの受容」
    <目次>
     第一章 はじめに
     第二章 ゆるキャラの歴史
     第三章 くまモンの受容
     第四章 おわりに
    <本文>
     第一章 はじめに
     本レポートでは、くまモンの受容についてとりあげる。
     キャラクター人気の今、「21世紀キャラ図鑑」も一部の熱烈なファンに支えられている。そこでちょっと変わったキャラの楽しみ方を紹介する。各地のイベントなどで誕生した地方の自治体のマスコットキャラクターが今人気である。東京・後楽園遊園地に風変りな木ぐるみが並んだ。物産物を頭に乗せるなど、超個性的なキャラたちの一挙一動に、抽選を手にした約1700人の観客は大喜び。みうらじゅんさん主催の「ゆるキャラショー」で19都道県から25体が集合した。人気投票では、梨が鉛筆と音符をもつ
    「ピアート」が1位に輝いた。鳥取県が今年の国民文化祭でつくったキャラだ。関係者が調べると、なにがしかのキャラと着ぐるみをもつ自治体は全国で80以上。製造業者によると、発注が増えたのは地方博が乱発されたバブル期からで、製作費は一本100万円前後。多くはイベントのキャラなのに「繰り替え」して活躍..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。