Great gatzby chapter8 The end of the summer

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数2
閲覧数144
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    Great Gatsby chapter8 The end of the summer   岩本莉子
    Chapter7では、トムとの対決と同時に気温も「夏で一番暑い日」となり、事件の翌日から始まるchapter8では、徐々に秋の兆しが見え始める。この作品には天気・季節に関する記述が多く、物語が夏を舞台にしたものだという事が分かる。夏は終わりに近づいており、また同時にギャッツビーの夢も終わろうとしている。またそれは、1920年代におけるアメリカン・ドリームの堕落を表すものでもある。今回は、この3つの関連について論じていこうと思う。
    夏の終わり
    この作品中で天気は物語の筋と対応している。
    Chapter1のDaizyの台詞
    “In two weeks it’ll be the longest day in the year.”(11)
    は、夏の始まり、そして「ひと夏のアバンチュール」の始まりを示唆している。物語は夏至に向かって進み、ちょうど夏至に当たる頃DaisyとGatsbyは再会する。
    先に述べた通り、Chapter7での修羅場の場面は
    “broiling, almost the la..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。